スピリチャル系ブログ、占い師系のブログ登録者募集中

雑多な思考を薙ぎ払うのが草薙の剣

旅するスピリチュアル・カウンセラー竹内ミカ 

神話の中には、十拳剣、布都御霊剣などが出てきますが、いちばん知られている剣と言えば草薙剣でしょう。

もともと、草薙剣が最初に現れたのは、須佐之男命が八岐大蛇を退治して尻尾から取り出した時です。

その時は、天叢雲(あめのむらくも)剣と呼ばれました。

この剣は、須佐之男神が天照大御神に献上し、三種の神器のひとつとして天孫降臨のとき瓊瓊杵尊に授けられました。

(そこから剣は継承されていくのですが、それは後でご紹介するセッションの動画セミナー内でお話します。)

さて、草薙剣をご神体とするのが熱田神宮です。

箱根でスピリチュアル!今日の元気を得るセラピーブログ
 
ご神体には鏡や玉(水晶など)、あるいはお山という神社も多くありますが、剣そのものをご神体とするお宮は少ないのです。

そして、熱田神宮の草薙剣は、天照大御神の荒魂であると伝えられています。(つまり、剣であって剣でない)
 

広い境内をゆっくり歩いて廻れば、その堂々としたお宮のスケールや、静かながらどっしりとしたエネルギーに、目が覚めるような思いがします。

私は熱田神宮を夜に参拝するので、写真が夜のショットばかりです。
 

 

タイミングによっては、霧がかった幻想的な景色を体験できます。

 

別宮の八剣宮は、古来武家の信仰が厚かったお宮とされ、
織田信長、徳川家康などもこちらの社殿の造営や修理を行ったとされます。

 
箱根でスピリチュアル!今日の元気を得るセラピーブログ
 

草薙の剣は、薙ぎ払う力を持っているので、私たちの中にある迷いや曇りを祓ってくれます。

雑念が祓われて、進むべき道が浮かび上がるようなイメージです。

雑多な思考は、あれもこれもと氣が散り散りになるから起こります。

目標や目的にフォーカスして、道(未知)を切り開いていきましょう。

 

これは草薙剣ではなくライトセーバー。
image
 
伊勢神宮をお客様とご一緒すると、「個人的な願いが吹き飛んでしまった」と言われる方も多いです。

熱田神宮もどちらかと言えば、個人の祈りというより、より大きな祈りが氣として合いますが、武将からも崇敬されたお宮だけに、諦めず粘るというパワーが湧いてくるのです。

草薙剣は壇ノ浦の戦いの時に海に沈んでしまったとされます。持ち主は次々と変わるし、なかなか受難の剣です。

海底に沈んでいた剣を守り、その剣を神武天皇に奉納したと伝わるお宮があります。

大分県の早吸日女神社で、剣を守ったというタコの功績をたたえて全国でも珍しい蛸絶ち祈願があるのです。

2014年の参拝ログですが、こちらにあります。

 

 

そして、全国唯一だと思っていたら、対岸の愛媛県にも同様の風習があるとのこと。これは3年ぐらい前に松山でお客様からお聞きして、驚きました。
 
地域に伝わる信仰と風習が面白くて、旅がやめられません。

今日は観光ガイドみたいなブログになりましたが、7月29日の熱田からの遠隔セッション、お申込みはこちらです。

動画セミナーでは、諦めない粘り強さ、結果にフォーカスするということについてお話していきます。

このセッションでは、水晶ポイントをひとつプレゼントとしてお届けします。(どの水晶が届くかは、その方によって異なるのでお任せください。)

☆一緒にセルフワークができるよう講座の動画をお届けします。(好きな時間に好きな場所でご覧いただけます)

☆神社参拝時の撮影をした動画をお届けします。

☆7月29日にエネルギーワークをこちらで行います。
 受け取り方についてはメールにてご案内します。

☆お申込みの流れ☆
1.お守りなし、ありを選択し、ご注文ください。(ショップから自動確認メールが届きます。)
2.セッション当日に、お受け取り方法のメールをお送りします。
3.後日、動画データをお送りします。

 

 
あるとき、熱田神宮を参拝した後に飛び込んできたのはこのポスターでした。

箱根でスピリチュアル!今日の元気を得るセラピーブログ
 

それでは、素敵な一日を。

 

 

LINE公式アカウントでメッセージを配信中です。
ハッピーをたくさんお届けしますね💕
購読はこちらのボタンからどうぞ。
 

友だち追加

 

宝石赤メールマガジンはこちらです。(購読お申し込み後、確認メールが届きますのでメールボックスをご覧ください。)

 

掲載元:雑多な思考を薙ぎ払うのが草薙の剣
※各著作権は各ブログ運営者様に帰属します。