スピリチャル系ブログ、占い師系のブログ登録者募集中

視覚以外のの感覚を育てよう – エネルギーで対象と繋がろう

旅するスピリチュアル・カウンセラー竹内ミカ 

8月から「スピリチュアルな力を高める方法」を連載しています。こちらは9月10日からスタートする通信講座(第2期)のご紹介を兼ねての連載です。

 
今日から第4回で扱う予定のテーマ「エネルギーで対象と繋がる」について5回に分けてお話していきます。今日は4回目です。
 

エネルギーで対象と繋がる
 1 石と遊びながら直感を伸ばそう
 2 植物とエネルギーの交流をしてみよう
 3 物質に宿るエネルギーを感じてみよう
 
4 手の感覚を育てていこう
 
5 視覚以外の感覚を育てよう  この記事

 

image

 

五感で感じるということを意識していくうちに、第六感が育ってきます。

実は私たちはあらゆる瞬間に、五感を超えた何かをとらえているものです。

 

たとえば、お料理をするとき。

 

複数を同時に調理したり、蓋をしたままのお鍋の中身にどれぐらい火が通っていそうかなど、香りや音、温度など感覚で分かりますよね。

 

なぜ分かるのでしょうか?

 

経験があるからですね。

 

そう。五感を活用して意識を向けていくうちに、まだ起きていないことへの想像する力や、閃く力が育ってくるのです。

image

私はよく富士山パトロールと称して、富士山の写真を撮りに出かけます。

どの場所からだと富士山がクリアに見えるか、ライブカメラ情報と天気予報、そして過去の経験を駆使して場所の候補を決めて行きます。
 

素晴らしい景色に出会えそうな時、なんとも言えないワクワクした予感があります。

また、偶然、その場で素晴らしい景色が急に展開することもあります。

どうしてそんな風に素敵な景色に出会えるのでしょうか?

まず、出かけているからです。(笑)

これは全てに共通することですが、自らが動くという大前提があります。

 

image

 

スピリチュアルな世界のたとえでお話すると、天恵や天啓は、常に蜘蛛の糸のように降りてきています。

 

私には目で見えることがありますが、実はこのチャンスの糸の数においては、あまり個人差はないように感じます。

 

ただ、掴んで、行動に移していくかどうかによって、いかようにも創造することができるものです。

 

このスピードが速い人は、人生で多くの豊かさを得るでしょうし、スローな人は創造のプロセスそのものをゆっくり味わうことでしょう。

 

image

 

そのスピードも、体験する数も、誰にも強制されることはありません。

 

誰かと比較したり、誰かがこう思っているんじゃないか…に応えようとして焦ることは必要ないです。

 

だけど、自分が後悔ないよう、やりたいことを見つけてチャレンジしていけるといいですね。

失敗せず、成功的な体験だけを得ていこうとするのは不可能です。

それよりも、起きた出来事から学び、どうプラスの知恵にしていくかを考える力をつけましょう。

私たちはつい、視覚に頼りがちです。

ぜひ、五感を超えた感覚から得られることに、手を広げて迎え入れていきましょう。

今年の誕生日は、富士山と日輪を見ることができました。
富士山の日、富士山からのプレゼントです。

image

 

9月10日からスタートする通信講座では、各回60分の動画講座をお届けします。

 

通信講座5日目は「メッセージを受け取る」というテーマで色々な方法をお伝えしていきます。

新月・満月と2週間ずつの配信ですので、実践する期間が十分にあります。学んだ知識を体験して智恵へと落とし込んでくださいね。

講座の詳細はこの下にてご案内しています。

それでは、次回は、5日目「メッセージを受け取る」をテーマに

 

「身近にあふれるメッセージをキャッチしよう」 

 

についてをお話します。

どうぞお楽しみに!

 

■ スピリチュアルパワーアップ講座(全10回)

宝石緑 スピリチュアル力 パワーアップ講座(全10回)

【概要】
全10回、動画視聴による通信講座です。新月、満月の日ごとに講座が進んでいき、4か月で終了します。

・動画講座の配信
・PDFファイルによるテキスト
を予定しています。

詳細ご案内は、こちらのページにあります。

 

それでは、今日もこの言葉で。

 

素敵な一日を虹

 

LINE公式アカウントでメッセージを配信中です。
ハッピーをたくさんお届けしますね💕
購読はこちらのボタンからどうぞ。
 

友だち追加

 

宝石紫プライベートブログこちらで更新しています。
宝石赤メールマガジンこちらです。(購読お申し込み後、確認メールが届きますのでメールボックスをご覧ください。)

 

掲載元:視覚以外のの感覚を育てよう – エネルギーで対象と繋がろう
※各著作権は各ブログ運営者様に帰属します。