運気・波動・チャクラ・霊魂~スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~

スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~

旅するスピリチュアル・カウンセラー竹内ミカ

「変化の風」を捉え上手になる方法

投稿日:

旅するスピリチュアル・カウンセラー竹内ミカ 

新しい立ち位置で何かを始めようとするとき。

なんとなく、変化の兆しを感じているとき。

これまでの方法で同じ結果が得られなくなってきたとき。

これらは、新しいステージへ向かうときという宇宙からのサインです。
 

 

早めのサインの時点でキャッチして行動を変えていくことが出来る人は、カンのいい人。

行動が遅くなりすぎると、選択肢がなくなる上に、なにか追い詰められているように感じる…というご相談も多いです。

この「流れに乗る」 感覚は、持って生まれた人もいますが、育てることができると私は考えています。

私自身は、流れを波やリズムとして捉えています。

これは常に意識していて、写真を撮るときや、講座で話すときなどにも呼吸をリズムに合わせています。(リズムは実際には聞こえませんが、身体で感じることができます。)

だけど、この感覚の捉え方は人それぞれ。
なので、あなたならではの感覚の捉え方を見つけていきましょう。

image

目安は、ふと一瞬、気になると感じたことを覚えておくことです。

雑誌をパラパラめくっていて、ある文字で目が留まり、その文字がズバンと心に入ってくる。

 
ふと考えているとき、そのキーワードがテレビや誰かの会話で流れてくる。

こんな風に、シンクロ(偶然の一致)が起きたら、ほぼGOサインです。

image

新しい流れに乗ることは、難しくありません。

経験を重ねていくと、どんどん上手になっていきます。

経験を重ねるには、変化を選び続けていくことです。

スピリチュアルを人生に取り入れて生きていると、人の力では到底無理なミラクルが流れ込んでくる体験をします。

自分が一人でできる努力は限られていますが、神様が動いたら、ほんの一瞬の仕事が驚くほど拡がって発展していきます。

私が神様の仕事に感心させられるのは、落ち葉を風でまとめる瞬間です。

image

弥彦神社の神職さん達が箒で落ち葉を集めておられたのですが、ある瞬間に逆方向から突風が吹いて、落ち葉をすべて境内の端っこに集めてしまいました。(この景色、宇佐神宮でも目にしたことがあります。神様のお掃除は一瞬で鮮やかだなぁと。)

そこに通りかかった参拝者が神職さんに向かってひとこと。

「神様にお祈りせんと。」

ね、これも神様からのメッセージですね。

祈った時の結果と、がんばった時の結果は違います。

自分なりのやり方にこだわらないこと。
古いやり方にしがみつくのをやめて、新しい選択をしましょう。

image

ヒーラーやカウンセラーの一番の仕事は「変化を選び続けること」 です。それが宇宙の真理です。

私自身も意識的に変化を選んできているし、新しい波に乗るということを実践し続けていくことで、クライアントに提供するセッションにも「流れ」をお伝えすることができるのです。

変化の風を捉えるには、少し早めに乗ることです。

新しい流れに乗るには、古い流れを手放す必要があります。

荷物を手放して、新しい風に乗る。
風の捉え上手は、タイミング上手で、運を創る達人です。

 
image
今日のまとめ。
 
常に変化の兆しに敏感でいましょう。
最初はキーワードで捉えます。
やがて、文脈でもっと感覚的に捉えることが可能になります。

このブログを読んでくださったあなたへ、私から最大級のエールを送ります。

 

宝石紫 一年の運氣を読み、未来の地図を手にするイヤーリーディング
12月18~19日分はこちら
12月25~26日分はこちら

image

年末年始という期間に、一年について思いを馳せることは大切です。一年の指針を考える大切な時間を、ご一緒させていただけることを楽しみにしています。

 それでは、今日もこの言葉で。

 

愛は世界をつくる ~ Love makes the world. ~ ラブラブ

 

LINE@でメッセージを配信中です。
ハッピーをたくさんお届けしますね💕
購読はこちらのボタンからどうぞ。
 

友だち追加

 

宝石紫各地のセミナースケジュールはこちらです
宝石赤メールマガジンはこちらです。(購読お申し込み後、確認メールが届きますのでメールボックスをご覧ください。)

 

掲載元:「変化の風」を捉え上手になる方法
※各著作権は各ブログ運営者様に帰属します。

-旅するスピリチュアル・カウンセラー竹内ミカ
-, , , , , , , ,

Copyright© スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~ , 2019 All Rights Reserved.