運気・波動・チャクラ・霊魂~スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~

スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~

旅するスピリチュアル・カウンセラー竹内ミカ

ステージチェンジしたいときの5ステップ ⑤より多く、より全体へ貢献する

投稿日:

旅するスピリチュアル・カウンセラー竹内ミカ 

毎日、「変化したい」 というご相談が届きます。
 

変化したいと願うとき、私はこんな風にステップを分けて考えています。

1 古い流れを「終わらせる」

2 古い思考を手放していく

3 自分を信頼する

4 新たに創造する

5 より多く、より全体へ貢献する

今日は、ステージチェンジしたいときの5ステップの5番目、より多く、より全体へ貢献する についてお話します。

 

image

 

より多く、より全体へ貢献するというのは、知恵や豊かさ、喜びを循環させていくということです。

愛情をひとりじめしたい、分かち合うのがイヤだという人は、愛情の総量が決まっているという風に考えていることが多いのです。

それは、ホールケーキを分けるようなイメージです。

分ければ分けるほど、一人分が小さくなる…そんな風に捉えているのかもしれません。

ところが、分けると減るということではありません。

愛の本質は、与えれば与えるほど、さらに湧き出してくるもの。

受け取れば受け取るほど、幸せが溢れてくるもの。

そうなのです。

「自分の取り分が減るから分かち合いたくない」 という人は、その思いがどこから来ているのかを考えてみましょう。

 

取られる、損をする、そういったマインドは、「自分の力で」 すべてをコントロールしたいという思いがあるのかもしれません。

もしそうだとしても、もうこれからは大丈夫。

宇宙は優しいです。この世界は愛に溢れています。

image

好きなものを分かちあえる世界へ、どんどん移行しています。

分かちあうマインドを育んでいきましょう。

具体的には、素敵な体験をしたら、その体験で得た感情や思い出を発信してみましょう。

 

学んだり、気づいたことを大切な人へ分かち合っていきましょう。

それが難しい方は、身近な人に話してみましょう。

与えることは、手放すことでもあります。

 

手をはなせば、開いた手の中に新しいエネルギーが入ってきます。

 

流れが始まります。

 

image

 

せっかく生み出したものを奪われるのは嫌だ、真似されるのは嫌だと思うかもしれません。(その生み出したものも、この宇宙や、縁ある人から受け取ったものなのだけどね。)

 
それは、ケーキの取り分が減るという有限ベースの考え方です。

 

新しい豊かな世界に住んでいるとしたら、どんな風に考えるだろうか? と考察してみましょう。

 

たとえば、何かに取り組んだときに、情報がもう少しあればスムースだったと思うことがあったら、ブログに書いてみましょう。

 

癒しの道程をその都度、書いていくのもひとつの方法ですね。

 

知恵を分かち合っても無くなりません。

 

むしろ、もっと豊かさが流れ込んできます。

 

新しい時代の豊かさは、ひとりじめしない方向です。

 

image

まとめ。

宝石紫 分かち合ったら損をするという思いを感じたら、その根源を見つけて癒す。
 

宝石紫 創造しつづけて前進していると、奪われるということに気持ちを取られることがない。

 

宝石紫 小さなことでも知恵や豊かさを分かち合うことで、より全体へ貢献することができる。

image

ステージチェンジ、バージョンアップをしたいと願う方に、遠隔セッションのお知らせです。

春分・秋分、夏至・冬至など節目にお届けしている遠隔セッション、この春は茨城県の筑波山神社からお送りします。

 

■ ステージチェンジをする5日連続ヒーリング

宝石緑 春分 陰陽統合してステージチェンジをする
  5日間ヒーリング

【概要】
3月23日~27日までお送りする遠隔ヒーリングです。詳細ご案内は、こちらのページにあります。

 

 

 

それでは、素敵な一日を。

 

 

LINE公式アカウントでメッセージを配信中です。
ハッピーをたくさんお届けしますね💕
購読はこちらのボタンからどうぞ。
 

友だち追加

 

宝石赤メールマガジンはこちらです。(購読お申し込み後、確認メールが届きますのでメールボックスをご覧ください。)

 

掲載元:ステージチェンジしたいときの5ステップ ⑤より多く、より全体へ貢献する
※各著作権は各ブログ運営者様に帰属します。

-旅するスピリチュアル・カウンセラー竹内ミカ
-, , , ,

Copyright© スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~ , 2021 All Rights Reserved.