旺季志ずか

セクシャリティーは「自分を生きる基盤」

投稿日:

旺季志ずか 

今日はね10ヶ月続けてきた紅龍会の最終回スペシャル友人シベンを迎えてのセクシャリティーがテーマでした。もうね本当に沸いたね燃えたね「性」がどれだけ大事か痛感した。自分を生きる というとき自己受容の問題が起こってくる。自己受容していないと自分を生きるのが難しい。逆説的に言えば全てにオッケーを出せば 自分を生きられる。そして自分の全てにオッケーを出すとは自分の「性」にオッケーを出すことだ。だけど そこでつまづいて傷ついて佇んでいるままのひともいる。かつての わたしもそうだったからその呪縛を抜けた先にある景色がどれほどの自由か知らせたい今日は 深い瞑想体験のあるシベンが的確な応えをシェアする事でみんなの中に 静かな変革が起こったと思う。まだ見ぬ自分に出会うこと。それがわたしには とても楽しいことだ。今日は、参加してくれたみんなにとってそんな日だったと思う。わたしがあれほど深く オープンにいろんなことを話せたのは参加してく続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

掲載元:セクシャリティーは「自分を生きる基盤」
※各著作権は各ブログ運営者様に帰属します。

-旺季志ずか
-, ,

Copyright© スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~ , 2018 All Rights Reserved.