運気・波動・チャクラ・霊魂~スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~

スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~

旺季志ずか

「どん底」は大きく変わるきっかけのためにある

投稿日:

旺季志ずか 

ヤッホイシーラだよんミュージカル「天の河伝説」初演のオーディションで彼女はひときわ輝いていて主演の八葉にと思いました。結局 そのときはその公演にぴったりの八葉役の女優さんがあらわれて彼女には女優役のひとりをやっていただきました。ご本人が書いているので書きますが初演の池袋公演のとき彼女のエネルギーはどんどん怒りと不満になっていきました。何かわがままなことを言ったとかされたとかではないんですよ。誤解されると困るけど彼女はやるべきことはやり一生懸命勤めていました。ただ私もプロデューサーのハッピーもエネルギーに繊細なので言葉や態度にしなくても人が感じないことを感じてしまうのですね。一緒に仕事するなら「やりたい」って喜びの中で一緒にやりたい。そう思ってる私達の中で、同じメンバーで行われる翌年の壱岐公演に彼女ははずれてもらった方がいいのではないかという声があがり(普通なら、そんな声があがるほど のことはないと思います。 彼女の名誉のために重ねて 書いておきます。 エネルギーを読む私たちのチーム だから起こったことです)私は彼女と二人で会いました。私は彼女の才能とお芝居に対する情熱とても真面目なことそれを感じていたので今の彼女のあり方をもったいないと思いました。だって不満や怒りが出るのはただ「在り方が違いますよ」のサインなだけなのですよ。誰に不満や怒りを持ってるわけではないのです。自分が自分自身に対してもっと大事にしてよと怒り狂っているだけなのです。だけどそれに気がつかないとまわりのせいにして不満や怒りを撒き散らすことが起きてきます。彼女と二人で会ったとき、彼女は 最初壱岐の公演は降りますと言ったんですよね。そのくらい「ねじれて」いた。ブログを読ませてもらって彼女の「どん底」だったんだと改めて知りました私は心の中で彼女を引っ張らないように手放しながら「在り方」のお話をさせていただいたように覚えています。それを素直に受け取ってくれた。たぶん底をついたから苦しむだけ苦しんだから今までのやり方を捨てられた。壱岐公演の練習に来たとき彼女のエネルギーは穏やかなものに変化していました。そしてこのブログどれほど続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

掲載元:「どん底」は大きく変わるきっかけのためにある
※各著作権は各ブログ運営者様に帰属します。

-旺季志ずか
-,

Copyright© スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~ , 2019 All Rights Reserved.