運気・波動・チャクラ・霊魂~スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~

スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~

旺季志ずか

緊急インタビュー「宇宙人ピピが見たコロナ騒動の正体とは?」

投稿日:

旺季志ずか 

「コロナ」 「コロナ」 「コロナ」 どこに行ってもマスク姿の人。 私、華子はすっかり気持ちが落ちこんで 仕事やめたばっかりで仕事はないし、つまり金はないし、頼れる家族もおらん。 そんな中で「コロナ」「コロナ」が「来るな」「来るな」に聞こえて コロナノイローゼにかかったかと思ったわ。太って重い尻が持ちあがらないくらい気持ちも体も重くなってしまってん。 世の中は自粛モードやし、私も外に出て「ウィルス」もらったら世話してくれるひともいないし、ホテルの部屋にこもって鬱々としとった。 そうしたら、今日の午後ピピが突然やってきた おかしいで~。世の中がこんだけ鬱々してるのにあの子だけは、お花見に初めていった少女みたいにきゃぴきゃぴ第一声がこうやった。 「コロナ コロナ コロナ~♪ 危険な香りコロナ~ 正体知らないあなただけ 恐怖におびえ ひきこもる~  コロナの正体 知ったら あなたも変わる 美味しい 楽しい 始まり~  チャンス チャンス チャンス~♪」 なんと、でっかい声で歌い始めた。 私は安いホテルの壁の薄さが気になって彼女の口を泡食ってふさいだわ。 今回は出会いのことを書くつもりだったけど、急きょ変更して今日の午後、ピピが口走った信じられないことを書くわ。こんなこと誰が信じられる? コロナはチャンスだなんて!? コロナのせいで休校やイベント中止経済の破たんこのままだったら世界規模で恐慌になるって言うのも聞いたで! 世界が恐慌になる前に私はすでに恐慌やけどな ピピが言うてること私、ひとりでは抱えきれないからみんなに聞いてほしい!!!! その前にピピのこと私のこと知らない人はこの第一話を読んで!!!↓ピピは言うた。「華ちゃん、この騒動はすぐにはおさまらんで」 華「え~~~、なんでよ!!! みんな、一生懸命自粛して これ以上感染しないようにしてるやんか! あんた、宇宙人かなんか知らんけど 嘘言うたらあかん! 嘘つきは地獄行きや!!!!」 私の怒声に、ピピが鼻で笑った。 ピピ「だったら おばちゃん、まっさきに地獄やな」 華 「な、なんで私が地獄やねん!!!  私は、これでも教師や!   嘘なんかついたことあらへんで!」 ピピ「人には嘘ついてへんかもしれんけど  自分の心に嘘ついてるよね」 「え?」 「コロナコロナって恐怖で 思考停止! 自分で考えることも 感じることもしない。 それこそ最大の嘘つきよ」 「そ、そんなことないよ! 私はちゃんと考えとるで!」 「あのなぁ、華ちゃん この嘘つきは今日に始まったことじゃないよ。 長い長い間  それが普通になってたから 自分が嘘ついてるってことも 気づかないの」 「どこが私が嘘つきやねん!!!」 「ほんまは体が疲れた 眠いって言うてるのに 校長先生のいうこと聞いて 報告書書いて徹夜したやろ? なのに 次の日は六時起きで 不登校の子供迎えに行ったやろ? 子供の親が 仕事で遅くなるって連絡あった時 いい先生って言われたくて うちで面倒みますって 子供家に連れて帰ったよね? 心は嫌だって言ってるのに」 「な、なんで、 それで非難されるの!? 私はええことしてるやん! 仕事やったらやるべきことは やらないとあかんやろ! 私がいないと回らないのよ!」 「そう思ってムリする。 頑張る。 華ちゃん、この「コロナ」はな そうやって 自分の心と体の声を聴かないで 走り続けることに ストッ続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

掲載元:緊急インタビュー「宇宙人ピピが見たコロナ騒動の正体とは?」
※各著作権は各ブログ運営者様に帰属します。

-旺季志ずか
-, , ,

Copyright© スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~ , 2021 All Rights Reserved.