スピリチャル系ブログ、占い師系のブログ登録者募集中

媽祖廟の良縁祭り

沖縄の神んちゅ周音(あまね) 

ご訪問有難うございます。

沖縄の神んちゅ

周音・(あまね)です。

 

人生は

宿命才能運気

3つのうち2つ得る事ができれば

”幸せ”掴めるといいます。

まずは、「己」を知る事が

開運の理(ことわり)だと考え

日々、良い事・悪い事の双方を伝えて

多くのクライアントの信頼を得ております。

 

鑑定予約はコチラ↓↓

予約システム

 

【今日のブログ】

来月7月7日(火)は

横浜媽祖廟で「良縁祭り」

行われます。

媽祖廟に祀られている

四番目の香炉

「月下老人(げっかろうじん)」は

縁結びの神様です。

幸威や伴侶だけではなく

土地・人間関係など色々な良縁を

結ぶと言われています。

 

【横浜媽祖廟の参拝の方法】

願掛けをする場合は

線香と金紙を購入。

①~⑤の香炉へ線香を立てます。

次に

願い事の物実として

金紙を奉納します。

①金紙の束から2・3枚を

裏返しにします。↓↓

②利き手と反対の手を

くぼませます。↓↓

③軽く力をいれて

円を描くようにします。

④ ③を繰り返すと

金紙が花が咲いたように

なります。

⑤金紙に火を点けて香炉へ

投下します。

 

媽祖様は女性の神様なので

金紙を「花」のようにして

物実を捧げると

効果があると言われております。

 

今後の「良縁」を祈願して

健やかな生活が送れるよう

願っています。

掲載元:媽祖廟の良縁祭り
※各著作権は各ブログ運営者様に帰属します。