運気・波動・チャクラ・霊魂~スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~

スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~

白石泰三(TAIZO)

いい人過ぎてツラくなる

更新日:

白石泰三(TAIZO) 

今日、気がつくとAmazonランキングが上がってました。 いやあ、嬉しいなあ。しかもこれ、ジャンルがなんと 日本文学 日本文学で52位とかすごくないですか? だって、本が出版される数は1日平均平均200冊。年間7万冊の本が毎年出版されるのだそうです。 そんな中、こうして今も読んでくださってる人がいるということがどれだけありがたいことか。 とか感激してたら、こちらのランキングでは、なんと8位! ええオカルトですが? なぜオカルトのカテゴリなのかはともかく、ベスト10入りは嬉しい(笑) しかし、なぜまた急にランキングが上がったのか??? その原因のひとつは、おそらくこのかた。いやおそらくではなく絶対このかた。作家の荒川祐二さん。こうしてブログに書いてくれたおかげでしょう。ありがとうございます。スサノオシリーズで有名な若手の、といっても作家歴はぼくよりずいぶんと先輩の作家さんです。荒川さんの存在はもちろん以前から知ってたのだけど、先日、リュウ博士が荒川さんとぼくのことをブログに書いてくれてたのがきっかけで、ご縁がつながったんです。リュウ博士って人を繋げる天才なのですよ。どのへんが天才かというと「俺がセッティングしてやった感」が微塵もない。ていうか「そもそもそんなつもりなんてありませんでしたけどね感」しかない(笑)「うーん、まあ繋がる人は勝手に繋がるでしょうし、その人次第なんじゃないですかねえ」などと可愛くないことを言うい可愛らしく心意気のニクい人です。で、リュウ博士のブログがきっかけで荒川さんからメッセージいただきまして、「ぜひいつかお会いしたいですねー」「えーですです」「えーぜひぜひ」なんて、社交辞令なやりとりを交わしたりなんかしちゃったりして え、じゃあ近日中に会いませんか? ってなったわけです(笑) 社交辞令どころか以前から話してみたいと思ってた人だったので、新年早々、いいご縁をいただきました。 リュウ博士も書いてたけど、ぼくなんかと一緒にいちゃまずいんじゃないかってぐらいに、とても人間の出来た人っ!そして類は類というやつでしょうね、荒川さんの読者で、ぼくのLINE@に登録くださった方々がけっこういらしたのだけどもね、たくさんの方々が「はじめまして。荒川先生のブログから知りました」といちいちいちいち丁寧な挨拶のメッセージを添えてくださるわけよ!著者が著者なら読者も読者!!!え、スピリチュアルな人たちだろうに、なんであなたはそんなに汚れてないの???あら?なんかぼく今、おかしなこと言いましたねまあいいです。深い意味はないです。とにかく、近年稀に見るナイスガイでした。ナイスガイ過ぎてこっちがツラくなるぐらい(泣)この日は鳳凰の霊能者・江島直子さんもご一緒でした。江島さんの話しもすっごく面白かったなあ。ったくもう、スサノオとか龍とか鳳凰とかユニコーンとか、なんか最近ぼくの周りはポケモンGOみたくなってきたんだけど。それにしても二人と話す時間はあっという間でした。話しは尽きませんね。お二人は近々一緒にイベントやるそうですよ。帰りの道中、江島さんのキャリーバッグを持ってあげる荒川さん。ほーほーなるほど、新刊が出たばかりのときはこうやって好感度を上げるのか、勉強になりますwそんな好感度抜群の荒川さんの新刊がこちらスサノオと行く生と死の女神、菊理媛(ククリヒメ)を巡る旅1,836円Amazon今日から引っ越しなので、転居が落ち着いたら読ませていただきますが、ククリヒメとはまたタイムリーな。というのも、我が家のシャーマンの野引香里さん曰く、今年からの広がるテーマのひとつが、哲学・宗教観なんだって。この本はもまた神話を通して哲学や死生観といったものへの関心が深まりそうです。荒川さんが日本神話を通してどのように探求したのか、これから読むのが楽しみです。≪近日開催のイベント、講座≫●【2019年専用】運命を切りひらく意識アップデート講座~変化する新時代、意識の設定であなたのこの先の運命は大きく分岐する~いつものエンタメトークライブと違ってこちらはいたって真剣。だって、これを知ってるか知らないかでこれからの7年間が大きく続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

掲載元:いい人過ぎてツラくなる
※各著作権は各ブログ運営者様に帰属します。

-白石泰三(TAIZO)
-, , , ,

Copyright© スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~ , 2020 All Rights Reserved.