スピリチャル系ブログ、占い師系のブログ登録者募集中

2018年8月26日、うお座満月。時間をかけて前に進むことで、傷や悲しみが癒えていく時期。

真木あかり氏 

f:id:makiakari:20180825163754j:plain

2018年8月26日、うお座で満月が起こります。同時に、おうし座の天王星おとめ座の太陽・やぎ座の土星がグランドトラインというかたちを取っており、そこに満月が絡んでカイトという配置になっています。

うお座の満月は、その光が目には見えない大切なもの、人の心の奥深いところまで優しく照らすような働きをします。これまで気づかなかった自分の本心にはっとしたり、人の優しさや思いに気づき心にあたたかいものが溢れてくる、という人は多いかもしれません。ほかの星々との兼ね合いから考えると「時間をかけて前に進もうとする意思と行動が、傷や悲しみを癒やしていく」というふうに読み取れるかなと思います。今は傷も悲しみもないよ、という人の場合は、どこか満たされない気持ちであったり、ふたをしていた自分の気持ちに気づいて調整していける、といった感じです。

今回の満月は、行動を起こしてこそこの時期の追い風をしっかりと生かしていくことができます。「〜したい」「〜だったらいいのに」と現状にとどまり続けることを選ぶよりも、「〜する」と腹をくくって何かをする。自分のために。

といっても、結果については急がなくて大丈夫です。運を変えるために何か行動を起こすとき、その次の瞬間から魔法のような奇跡が起こることを期待する人は多くいます。でも、そういうケースはかなり特殊です。幸運というものは得てして、待ちくたびれた頃にぽこんとやってくることが多いのですね。誰もがきっとわかっているものの、それでも幸運に期待するのが人というものです。そしてこの時期は「時間をかけて」という部分がひとつのキーワードですから、すぐに何かが起こらなくてもがっかりしないこと。心に向き合いながら、今できることを行動に移せると良いですね。

 

また、友達や恋人、つながりのある誰かの心を優しく癒やしてあげられるときでもあります。あなたを必要としている人がいたなら、ぜひ力になってあげてみてはいかがでしょうか。親しい人のために行動することで、あなた自身の癒やしにもつながるかもしれません。

ただし、共感力が高まる分、「引きずられやすい」のは事実。負の感情をもらってしまったり、同情心が高まりすぎて真実を見誤ってしまったりしやすいです。相手がどんなに大切な人であっても、その人の人生を生きてあげることはできないのですよね。弱っている人はまず自分のことが先です。弱っているかどうか判断するには「人は人、自分は自分」と明確に思えるかどうかを基準にして、ご自身を振り返ってみていただくとよろしいかと思います。

どなたにとっても、良い満月でありますように。

 

 

ここから先は完全な余談ですが、ここのところ出張や打ち合わせが続き、いろいろな場所に足を運んでいました。仕事に向かうときはだいたいいつもBluetoothイヤホンでX JAPANを聴いて戦意を……ハッいや違うやる気!やる気!えーとやる気を高揚させることにしています。

しかし先日のことです。新幹線に乗って仕事をしようとしたのですが、どこをどう操作ミスしたのか、なかなかの大音量で音が出るという事故が起こりました。まあたまにありますよねそういうときも。人間は過ちをおかす動物。しかしよりによってそのとき聴いていたのが「Sadistic Desire」という、まあなかなかどうして激しい歌詞のゲフンゲフンというものでして、8月のさわやかな朝7時半の東海道新幹線名古屋行き、静まり返った車中に「狂った女を 壁に吊るして Hanging on the wall」というToshiのハイトーンボイスが。まあ一瞬のことだったので誰も聞いていないと思いますが、なんか聞いた方がおられましたら犯人は私です。このイヤホン、接続を切ったのに音が出たりエキセントリックな曲順で再生されたりするから毎日がちょっぴりスリリングですw

 

 

(以下宣伝です)

『2018年下半期 12星座別あなたの運勢』、おかげさまでたくさんの方にご覧いただきありがとうございます。引き続き普通にご購入いただけますが、8月1日よりKindle Unlimitedで読み放題となっていますので、会員の方はぜひご覧いただけますと幸いです。専用の電子書籍リーダーをお持ちでなくとも、スマホやPCからお読みいただけます。

2018年下半期 12星座別あなたの運勢 (幻冬舎plus+)

2018年下半期 12星座別あなたの運勢 (幻冬舎plus+)

 

Kindle Unlimitedは小説から漫画、雑誌、ビジネス書などさまざまな本(和書20万冊、洋書40万冊−2018年2月のデータですが)が読み放題になるというサービスです。月額980円、申し込みから30日までは無料ですので、まずは試してみたい!という方も気軽にお申し込みいただけると思います。Kindleを持っていなくてもスマホから読めます。詳しくは下記バナーからご覧ください。

自分の本の宣伝もしたいところですが、私がこのKindle Unlimitedで一番よく読んでいるのが光文社古典新訳文庫コンラッド『闇の奥』、ワイルド『カンタヴィルの幽霊/スフィンクス』『サロメ』『ドリアン・グレイの肖像』、フィッツジェラルド『若者はみな悲しい』、など美しい言葉におぼれました。ほか文藝春秋SPECIAL 2017年秋号「世界近現代史入門」とか思いっきり趣味に寄ったものとか。ビジネス書も豊富で、尾原和啓『モチベーション革命 稼ぐために働きたくない世代の解体書』、小霜和也『ここらで広告コピーの本当の話をします。』、小西利行『伝わっているか?』などなど人気作が入っているのは感激でしたね。まんがもけっこう読みました。

きっと楽しめると思います。よろしければ、ぜひとも。

 

無料版は幻冬舎plusよりお読みいただけます。本に掲載したぶんの1/3くらいが出ています。

www.gentosha.jp

8月の恋愛運はこちらからご覧いただけます。

www.gentosha.jp

 

 

掲載元:2018年8月26日、うお座満月。時間をかけて前に進むことで、傷や悲しみが癒えていく時期。
※各著作権は各ブログ運営者様に帰属します。