真木あかり氏

2018年 やぎ座の運勢

更新日:

ブログ名:真木あかり氏

f:id:makiakari:20171218144556j:plain

2017年はいかがお過ごしでしたか。やぎ座の方であれば、お仕事や社会的な活動でお力を尽くし、有意義な時間を過ごしておいでだったと思います。頑張ってこられましたね。やぎ座はもともとそうした、努力に関しては謎のドM気質をお持ちの方です。ですからある意味イキイキしていたような気もしますが、大きな手応えを感じつつ、どこか自分のやりたいことを後回しにして大きなことに取り組んでいたふしもあるのではないでしょうか。

 

2017年の終わり、やぎ座の守護星である土星が「自分の星に帰ってくる」という動きが起こります。ときに厳しい手段でもって成長をうながす土星は試練の星と呼ばれることがありますが、やぎ座においては「自分の人生を生きる」ことを、何よりも強くバックアップしてくれることになるでしょう。人はみなが自分の人生を生きているようで、そうでないことも多いものです。目立ちたくないと“世間の普通”に合わせたり、自分を抑えて理想的と思われる人を演じたりすることもあります。それは決して悪いことではないのです、むしろ優しさや気遣い、協調という場合もあるでしょう。ただ、どこか自分らしくない方向に舵をきっていた場合、2018年には自分に軸を戻すことができます。それは若干の痛みを伴うこともありますが、長い目で見てやぎ座の人が自分の人生を生きるための、すばらしい「生き方のレッスン」となるだろうと思います。

 

自分のことだけでなく、対人関係に恵まれる1年ともなっています。これまでは想像もしていなかったような人と出会ったり、既知の仲間と絆を強めていったりすることができるでしょう。プライベートの友達との交流も活性化します。

そうするなかで、馴れ合いではなく「自分」という役回りをしっかりと再認識する部分もあるでしょう。自分は何がしたくて、誰を大切にしたいのか。限りある人生の時間を、誰のために使いたいのか。そうした部分で自問自答しながら、骨のある人付き合いをしていくのだろうと思います。この時期、離れていく人に関しては深追いしなくても大丈夫です。そのときは痛みを感じたとしても「これでよかった」と思えるようになります。

 

「将来」というキーワードも、2018年にはスポットライトが当たります。これまでの人生を肯定しつつ、まだ見ぬ未来に目を向けていくことができるでしょう。2018年というこの時期に将来に目を向ける星回りが巡ってくることは、やぎ座の人たちにとってすばらしいギフトだなと私は考えています。なぜなら、冒頭に書いたとおり「自分の人生を生きる」という、自分本来のあり方に立ち戻る時期でもあるからです。

子どものころ、「将来何になりたい?」と聞かれた経験を持つ人は多いことでしょう。私は昭和の人間なので「お花屋さん」と答え、その後「漫画家」に変わって黒歴史を経験したあとフリーライター→占い師という意味不明の変遷をたどった人間です。もう自分でも何がなんだかですよ。どうしてこうなった。という話はともかく、自分が自分らしく、自分の手で未来を作っていくんだという気持ちがないと、将来はどこかフワフワとした“夢”で終わってしまいがちです。ただ、夢は見るためではなく叶えるために持つもの。そうした意味で、本来の姿に立ち戻ろうとするタイミングでやぎ座が描く将来は、限りなく純粋で可能性に満ちているのだろうと思います。

 

もし可能であれば、向こう2年半ほどの長い目で取り組む「努力」を、構想してみてはいかがでしょうか。その延長線上に夢を掲げておけば、それはあなたの毎日をぐっと深く豊かなものにするマイルストーンになるかもしれません。

 

<恋愛運>

恋に対しては現実的で慎重なわりに押されると弱いやぎ座の人ですが、今年は楽しそうですね。ひと言で言うならGET WILD、スリルに身を任せるようなところもありそうです(いろいろなところから怒られそうな表現)。友達や仲間が恋人に昇格したり、飾らない自分で接することができる人と出会えたりと、いろいろなチャンスに恵まれそうです。恋をすることで、新しい自分に気づくこともありそう。できれば常識や思い込みにとらわれず、目の前の人との恋を自由に楽しむようにすると良い時期です。春は出会いに恵まれます。

 

特にGET WILD&タフな時期は5月から11月。自分の恋愛観や人生観も180度変えてしまうほどの恋、というものに巡り会えるかもしれません。ときめきと同時に驚きや戸惑いも生まれそうです。安定した恋というよりは波乱万丈になりがちですが、そこには愛によって成長を遂げるあなたがいるのだろうと思います。

 

<仕事運>

2017年は結果を出すこと、継続的な成果といったものが求められるハードな時期でした。なかなかに頑張った、大きなことをやり切ったという実感を抱いている人も多いと思うのですが、今年はちょっとペースダウンしたり、立ち止まったりということが増えるかもしれません。

 

といっても、調子が悪いというわけではありません。2017年にやり切ったという自信をベースに、落ち着いて今後を考えられるようになったということ。あまりストイックになりすぎず、長い目で見た成果にも目を向けていかれるとよろしいかと思います。

自分の実力を試すような転職話が舞い込んでくる可能性も高いでしょう。「働き方改革」を自分で自分にやっていくのも、心身ともに健やかに仕事に取り組んでいくことにつながるはずです。

 

ちなみに、趣味を仕事にしたいと思っている人には強い追い風が吹くときでもあります。副業を頑張ってみたり、好きなことでお金を得る手段を考えてみたりするのも良いかもしれません。日常での体験が思わぬところで人生を変えることにもつながりそうですから、いろいろと視野を広げていけると楽しいだろうと思います。

 

 *  *  *

 

「自分の人生を生きる」ということは、やぎ座の人にとっては当たり前すぎて「お前は何を言っているんだ」と思われたかもしれませんね。そのくらいのスタンスでいらっしゃるのなら、今年は間違いなくすばらしい1年にしていけることでしょう。あなたが本当に追い求めたいものを見つめられるようになることで、おそらく周囲の大切な人のことも、本当の意味であなたらしく愛することができるようになるのだろうと思います。コツコツと現実的に頑張りながら、ちょっとだけ大胆に。そんなスタンスを頭の隅にでも留めておいていただけましたら幸いです。

 

2018年、良い1年にしてまいりましょう。心から応援しています。

 

真木あかり

 

 

 

<今がとても辛いという方へ> 

現実的で努力家であるあなたが「辛い」という思いを抱くのは、相当のことであろうと思います。この時期(2017年末)の辛さというのは、他人のために頑張りすぎてしまっている傾向が強いのかもしれません。

 

まずは「自分がやらなくてもいいこと」「本当はやらなくてもいいけれど、人からの見え方が気になってやっていること」をいくつか減らして、心と時間に余裕を作ってみませんか。そのうえで、今耐えているものを、少しでも変えていけないか考えてみていただけたらと思います。

 

何もすごい変化でなくても大丈夫です。30分早く出勤してみるとか、アイツとは距離を置くぞとか、自分へのごほうび的なものでも良いでしょう。小さな「変える」というアクションを選択して自分に優しくする、手間をかけるといったことをすると、辛さはいくばくかしのぎやすくなります。それが、這い上がるファーストステップになるかもしれません。

 

 

(以下宣伝です)

Instagramで毎朝、タロットの1枚引きで占いを更新しています。Twitterの毎朝の占いとはちょっと違う、今日をよりよく過ごすヒントとしてメッセージを書いています。

www.instagram.com

2017年は9冊目、10冊目の本が出ました。『辛口誕生日事典2018』、どうぞお役立てください。

辛口誕生日事典2018

辛口誕生日事典2018

 

 個人鑑定のご依頼はこちらから。毎日20時に、翌日鑑定させていただける分の枠を追加しております。SOLD OUTとなっていることが多いのですが、鑑定は毎日しておりますのでご安心くださいね。

makiakari.thebase.in

幻冬舎Plus様でコラムと占いの連載をしています。15日にコラムを、月末に翌月分の恋愛運を更新しています。

www.gentosha.jp

2018年 やぎ座の運勢
2018年 やぎ座の運勢
真木あかり氏

-真木あかり氏
-, , , ,

Copyright© スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~ , 2019 All Rights Reserved.