運気・波動・チャクラ・霊魂~スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~

スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~

真木あかり氏

2020年10月14日、水星逆行開始。後ろに進む旅が始まる。心の奥深くを見つめながら。

投稿日:

真木あかり氏 

f:id:makiakari:20201013183225j:plain

2020年10月14日、さそり座に滞在している水星が「逆行」というフェーズに入ります。2020年ラストの水星逆行ですね。この水星はさそり座のなかをつつつっと後ろ向きに進み、28日にはてんびん座に戻ります。その後、11月4日にてんびん座で順行。さそり座にふたたび戻ってくるのは11月11日、ポッキー・プリッツの日となります。そういえば中学のときの友人・まどかちゃんは、あだ名が「ポッキー」でした。テニス部でいつも真っ黒に日焼けしており、ソックスを脱ぐとそこだけ真っ白だったから……というのが理由だったのですが、最初に言い出した奴は誰だ。まあいいんですけどね。

 

さて今回の逆行はさそり座で起こる、ということで、心の奥深くに焦点が当たります。もともと、さそり座に水星が入ると、表面上のインスタントな付き合いでは満足ができなくなるのです。心のひだの奥までわかりたい、じっくり話し合いたい。そんなふうに感じるのですね。大事なことだと思います。誰もが知っているように、人間関係というのは「今夜はカレーだって」「了解」といった会話で終わるほど単純ではありません。「ごはんにシチューかけるよ」「いやそこは別々でしょ」といったように、お互い好きにやろうぜという関係性ばかりでもないのです。理解したいという思いを持って、間違えたら話し合って、作り上げていくしかない。さそり座に水星があるような時期があってこそ、私たちは切っても切れない絆を「誰か」とのあいだに作っていくのだろうと思います。ちなみに私はごはんにシチューをかける派です(いらない情報)。

 

そんなさそり座で起こる水星逆行。もちろんすべての人が影響を受けるわけではなく、サラッとやり過ごせる人も多いはずです。特に何も感じないなという人は、コミュニケーションロスに注意して、普段よりも丁寧な説明、マメな連絡を心がけていかれれば十分でしょう。PC・スマホのバックアップもしておくこと。そして逆行期間中、もし「過去」に関連する印象的な出来事があれば、覚えておいて何らかの行動を起こしていくといいでしょう。心の“引っかかり”のようなものを、解消することができるはずです。

ここから後は、誰かに対してしんどい思いをなさっている方向けに書いていきます。すべての方に当てはまることではないと思いますが、ちょっぴり解説させてくださいね。

「相手が何を考えているのかわからない」という不安感を抱いている人にとっては、ちょっぴり逆風を強めに感じやすい時期となる可能性が出てきます。いつも以上に細かいところまで気がついてしまうがゆえに緊張しますし、「事実」よりも「想像」に目が向かってしまいやすいのです。人はもともと不安に敏感です、そしてネガティブ発想は面白いほど別のネガティブ発想を呼びます。本当はそんな状態ではなくても、です。

大事なのは、恐れすぎないこと――とはいえ、過去の水星逆行でしんどい思いをした人は、どうしたって怖いですよね。水星逆行のしんどさというのは、水星がコミュニケーションを司る星であるから、ということに大きく起因します。コミュニケーションのつまずきは、孤独に直結しやすいのです。わあわあ騒ぎ立てているわけじゃない、ほんの小さな呼びかけなのにそれすらも届かない。そのことがどれだけ、人を追い詰めることでしょうか。こんなに苦しむのなら、関係性が始まらなければよかった。そう思うことは幸せだった時間の記憶すら蝕んで、心は泥のような孤独に絡め取られていきます。

 

ただ、私たちはもう「10月14日から11月4日までは水星逆行なのだ」ということを知っています。何もわからないままに暗い渦のなかに放り込まれる、という状態ではありません。自分を真っ暗なほうへ、真っ暗なほうへと追いやらないこと。悲しい思いになったときほど「今は、ちょっと考えすぎになりやすい時期なんだな」と思い出すこと。想像が膨らんだときは「あー、ネガティブになりやすい時期だー」とつぶやいてみるのもいいです。そういう時期、とわかっていれば、心はそれ以上真っ暗なほうへ向かいにくくなります。自分が自分に気付いていると、戻って来られるんですね。ひとつのことをとことん追求するのがさそり座の持ち味ですから、何度でも何度でも自分に言ってやりましょう。今はそういう時期だよ、と。そしてちゃんと、終わりは来るよということを。

 

何度か書いていますが、逆行というのは決して悪いことばかりが起きる低迷期ではありません。思いがけないめぐり合わせで再会したり、過去の課題にふたたび取り組むチャンスをもらえたりと、幸先の良いことだって起こります。星は私たちを、苦しめようとしているわけではないのですね。「普段とは違った角度で物事を見つめる、特別な時期」くらいに捉えておいてもいいのではないだろうかと、私は思います。それでこそ、物事が順調に進んでいるときには見えなかったものが、見えてきます。おそらくですが、この記事をご覧になっているあなたも、そういうものの価値をいろいろなところで経験なさっていますよね。ただ、こういうのはリアルタイムで気づけば面白いのですが、しんどい時期に無理やり感じようとすることでもないと私は思います。ずっとあとになってから「そういうことか〜」とぼんやり気付くくらいが、一番いいんじゃないでしょうか。「やまない雨はない」と言ったって、今降っている雨が辛いんです。「雨が降らないと虹は出ない」と言ったって、今はうなだれて足元を見るしかできないんです。そういう、表層的な言葉で元気になれる時期でもありません。無理せず自分に付き合って、ネガティブな気分になったときは「わ〜か〜る〜!!」と心のなかのIKKOさんを召喚しつつ、自分に寄り添ってやり過ごしていきましょう。

悪いばかりの時期じゃないです、きっと良くしていけます。

 

どなたも無理せずやってまいりましょう。

 

今回の水星逆行については、ココロニプロロ様でも書かせていただいております。話し合いをしたい場合のタイミング等、よろしければ併せてご参考にしていただけますと幸いです。

cocoloni.jp

意識高い系の言葉に心が絡め取られそうなときは、このテキストも役に立つかもしれません(立たないかもしれません)

note.com

 

(以下宣伝です)

三越伊勢丹様のサイトで「10の動物で占断 今週のエレメント占い」がスタートしました。毎週月曜日更新です。

www.mistore.jp

まいにちdoda様で下期占いが出ました!仕事運です。まいにちdoda様では毎月(サイト名はまいにちだけど…)の占いも出ています。ぜひご覧いただけますと幸いです。

mainichi.doda.jp

今回の満月の話を絡めて、十五夜の開運の話を書きました。

www.vogue.co.jp

Yahoo!占い様でタロット占いをお試しいただけます。

charge-fortune.yahoo.co.jp

イカレンダー秋号、16Pのタロット占い読み解き「あの人の気持ちがわかるタロットBOOK」を書かせていただきました。

 

恋愛運に特化した占いは幻冬舎plus様でご覧いただけます。

www.gentosha.jp

 

真木あかりのサイトができました。

mkamaki.jp

 

 

 

掲載元:2020年10月14日、水星逆行開始。後ろに進む旅が始まる。心の奥深くを見つめながら。
※各著作権は各ブログ運営者様に帰属します。

-真木あかり氏
-, , , , , , ,

Copyright© スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~ , 2021 All Rights Reserved.