スピリチャル系ブログ、占い師系のブログ登録者募集中

謝ってると、落ち込んだり、気持ちが暗くなる?

魂を浄化するスピリチュアルヒーリング上田佳穂 

ソウル・セラピーでは、

浄化をするときに、

愛することだけでなく、

謝ることもお勧めしています。

 

 

それは、わたしたちの中に、

愛されたい想念だけでなく、

謝ってほしい想念も沢山いるから。

 

 

ところが、

「ごめんなさい」と謝っていると、

なんだか苦しくなったり、

気持ちが沈んでくる人がいます。

 

 

そういうときは、

「ごめんなさい」の他に、

自分に言ってる言葉があるはず。

 

 

「謝るくらい、悪いことをしたんだ」

「わたしは酷い人間だったんだ」

「こんな目に合うほど、悪い人間だったんだ」

 

 

まるで、自分で自分に呪いをかけてるのです。

 

 

わたしたちは、子どもの頃から、

「悪いことをしたんだから、謝りなさい」

と教育されているので、

『謝る』=『悪いことをした』で、

2つがセットになってます。

 

 

なので、自分の中の想念に、

「ごめんなさい」と謝るたびに、

自分が悪人だと洗脳して、

呪いをかけやすいのです。

 

 

これでは、苦しくなったり、落ち込むのも、当然。

 

 

なので、『謝る』と『悪いことをした』を

分けていきましょう。

 

 

どうやって分けるかというと、

ただ、この2つは別々のことなんだ

と認識するだけ。

 

 

謝ってほしい想念を浄化したいので、

その想念に「ごめんなさい」と謝る。

 

 

確かに、

「わたしが悪かったです、ごめんなさい」

と自分の罪を認めて謝らないと、

許してくれない想念もあります。

 

 

でも、それは、過去生の自分だったり、

過去生の自分の先祖や子孫だったり、

今の自分の先祖だったりして、

今の自分ではないことが多いのです。

 

 

謝るたびに、「わたしが悪い」と思って、

ダメージをくらってしまっては、

浄化で楽になるよりも、

ダメージの影響の方が大きくなってしまいます。

 

 

それでは、浄化の意味がない!

 

 

自分にダメ出ししないで、

想念にただ謝ることができるように、

練習してみてくださいね。

 

 

今日も心と魂に愛と光をいっぱい入れて

神様の愛と光がたっぷり注がれますように。
神様、今日もありがとうございました。
 

 

 

トリニティウェブの連載はこちらです。

 

 

※現在募集中の講座はありません。
次回の講座の案内をご希望の方は、
こちらのメルマガに登録してください。
(ときどきメルマガが届きます)
 
メールマガジン
 

 

 

      

掲載元:謝ってると、落ち込んだり、気持ちが暗くなる?
※各著作権は各ブログ運営者様に帰属します。