スピリチャル系ブログ、占い師系のブログ登録者募集中

罪と罪悪感の関係

魂を浄化するスピリチュアルヒーリング上田佳穂 

昨日、孤独であることと孤独感を感じることは、

別のものという話を書きましたが、

罪と罪悪感の関係も同じです。

 

社会的なルール(法律や道徳など)を破ることを、

罪と言いますが、罪を犯したからといって、

全員が罪悪感を持つかというと、違いますよね。

「あ~あ、やっちゃった」と思って反省したり、

「ごめんなさい!」と謝ることはあっても、

罪悪感を全く持たない人がいます。

その一方で、大して悪いことをしてなくても、

「わたしが悪いんだ」

「わたしのせいだ」

と罪悪感に苦しむ人もいます。

孤独と孤独感が別もののように、

罪悪と罪悪感も別ものです。

ちなみに、罪悪感が強い人は、

自分にも、人にも、

「何か悪いことをしたら、

 自分を責め続けなければならない」

と思うもの。

だから、自分を責め続けるし、

人が罪を犯した時も、その人を責め続けます。

いつまでも責め続けるので、

一生許すつもりがないのかな?

と思うほど。

自分が、過去のことを、

ずーっと責め続けていることに気づいたら、

「あれ?いつまで責め続けるのかな?」

と自分に聞いてみませんか。

あなたが責め続けていることについて、

これからも一生許さずに責め続けるのか、

もう許すのか、の2択です。

2択と言いつつ、

責め続けることをやめたいのなら、

選択肢は「許す」しかないですよね。

許すことは、こちらも参考にしてみてください。

罪を犯すことと、

罪悪感に苛まれることは、

別のこと。

そうわかっても、罪悪感で苦しいのなら、

自分の中に罪悪感を感じてる人が沢山いる

と考えて、浄化していきましょう。

「自分のせいだと思うんだね」

「自分が悪かったと思うんだね」

「もう許されているよ」

「愛してるよ」「愛してます」

「お前のせいだと責め続けて、ごめんなさい」

過去生で沢山の人を苦しめてると、

その人たちの苦しみを感じて、

罪悪感が強くなる人もいます。

自分の中から湧いてくる想いに、

愛をかけたり、謝ったりして、

浄化していくことで、

だんだん罪悪感が薄らいできます。

罪悪感を手放して、

のびのびと過ごせますように!

夕暮れの丸の内。

広々として、非日常の空間でした。

今日も心と魂に愛と光をいっぱい入れて

神様の愛と光がたっぷり注がれますように。
神様、今日もありがとうございました。
 

 

 

トリニティウェブの連載はこちらです。

 

 

※現在募集中の講座はありません。
次回の講座の案内をご希望の方は、
こちらのメルマガに登録してください。
(ときどきメルマガが届きます)
 
無料メールマガジン
 

 

沢山の方に神とつながってほしいとランキング に参加しています。
応援クリックありがとうございます。みなさまに感謝です。
人気ブログランキングへ

 

 

      

掲載元:罪と罪悪感の関係
※各著作権は各ブログ運営者様に帰属します。