スピリチャル系ブログ、占い師系のブログ登録者募集中

優しさと我慢の境界線

魂を浄化するスピリチュアルヒーリング上田佳穂 

「こうしたい」というこだわりがないと、

「いいよ」とまわりに合わせることが多くなる。

 

 

隣にこだわりの強い人がいると、

その人の望みを叶えることが当たり前になり、

自分の心に目を向けることを忘れてしまう。

 

 

それが、時々会う人ならともかく、

毎日一緒に過ごす家族や近しい人だと、

いつも自分を後回しにしたり無視することで、

いつのまにか心が苦しくなります。

 

 

自分の心の声が小さいだけで、

心に何も好みや希望がない人なんていません。

 

 

だけど、それほどこだわってないので、

つい他の人を自分より優先しやすい。

 

 

こだわらない分、相手に譲れるので、

優しい人だと思われる。

 

 

でもこれは、優しいのではなくて、

人任せにして流されてるだけだったり、

自己主張してないだけとも言えるのです。

 

 

「いい人」じゃなくて、

「都合のいい人」になってるかもしれません。

 

 

だからと言って、

いつも自己主張する必要はなくて、

でも、自分の心に目を向けてほしいのです。

ちゃんと心の声を拾ってほしいのです。

 

 

心の声を無視し続けると、

じわじわと閉塞感で苦しくなったり、

ある日突然、心が動かなくなったり、

その反対に、心が爆発したりします。

 

 

自分を抑えすぎて我慢しすぎて、

心が誤作動を起こす前に、

ちゃんと心の声を拾って、

自分だけでも聞いてあげてくださいね。

 

 

オクラの花。

とてもエレガント。

 

 

今日も心と魂に愛と光をいっぱい入れて

神様の愛と光がたっぷり注がれますように。
神様、今日もありがとうございました。
 

 

 

トリニティウェブの連載はこちらです。

 

 

※現在募集中の講座はありません。
次回の講座の案内をご希望の方は、
こちらのメルマガに登録してください。
(ときどきメルマガが届きます)
 
無料メールマガジン
 

 

沢山の方に神とつながってほしいとランキング に参加しています。
応援クリックありがとうございます。みなさまに感謝です。
人気ブログランキングへ

 

 

      

掲載元:優しさと我慢の境界線
※各著作権は各ブログ運営者様に帰属します。