スピリチャル系ブログ、占い師系のブログ登録者募集中

許すことと忘れることの違い

魂を浄化するスピリチュアルヒーリング上田佳穂 

昨日のソウル・セラピー基礎講座の

最終日は許すことがテーマでした。

 

 

わたしたちがなかなか許すことができずに、

許すことに苦戦するのは、

「許す」という言葉の持つニュアンスが、

「肯定する」とか「相手を正しいと認める」

などを含むからだと思ってます。

 

 

「許す」と似ている言葉に、

「忘れる」があります。

 

 

このお仕事を始める前のわたしは、

嫌なことが起きたらいつも「忘れよう」としてました。

 

 

でも、このお仕事をして知ったのは、

「忘れる」のは、心の奥に埋もれさせてるだけで、

当時の嫌な想いは心や体に残っている

ということでした。

(体にも残るのです!)

 

 

なので、忘れていたことを思い出すと、

当時の感情がよみがえるので、

すご~く嫌な気持ちになります。

 

 

ところが、許すことができると、

思い返しても感情がよみがえらないのです。

 

 

それを知って以来、嫌なことは、

忘れようとするのではなくて、

許そうとしてきました。

 

 

でも、忘れるのは簡単だったけれど、

(忙しくしていれば忘れられますしね)

許すことは、はるかに難しかったです。

 

 

「もうこれで許せた」と思っても、

誰かからその話が出ると不快になり、

そんな自分に、「まだ許せてなかったんだ」

と驚くことの繰り返し。

 

 

何度もの「もうこれで許せた」と、

不快な想いに襲われることを繰り返して、

ようやく「許す」にたどり着きます。

 

 

きちんと「許す」ことができると、

記憶がよみがえっても、感情はよみがえりません。

 

 

「あんなことがあったなぁ」と、

昔の記憶を思い出すだけになるので、

感情が揺さぶられないし、不快にもなりません。

 

 

昔の嫌なことを思い出すと辛いと思うなら、

「忘れる」よりも「許す」を心掛けてみませんか?

 

 

「許す」までたどり着いて、

心穏やかに過ごせますように。

 

 

 

許すことについては、

過去に何度も何度も書いてるので、

こちらを参考にしてみてくださいね。

 

 

 

講座の感想を送ってくださった皆さま、

ありがとうございます!

まだの皆様、お待ちしてますドキドキ

 

 

今日も心と魂に愛と光をいっぱい入れて

神様の愛と光がたっぷり注がれますように。
神様、今日もありがとうございました。
 

 

 

トリニティウェブの連載はこちらです。

 

 

※現在募集中の講座はありません。
次回の講座の案内をご希望の方は、
こちらのメルマガに登録してください。
(ときどきメルマガが届きます)
 
メールマガジン
 

 

 

      

掲載元:許すことと忘れることの違い
※各著作権は各ブログ運営者様に帰属します。