スピリチャル系ブログ、占い師系のブログ登録者募集中

人に言いたくなる言葉と過去生の関係

魂を浄化するスピリチュアルヒーリング上田佳穂 

自分が何気なく口にしていたり、

心の中でつぶやいてる言葉。

 

 

その言葉でわたしたちは自分を洗脳しています。

 

 

「どうせわたしは愛されない」と思っていれば、

愛されてることを受け取らなかったり、

「もっと大切にしてよ!」と言いたくなる。

 

 

「いつも私は損してる」と思っていると、

損は嫌なので絶対に避けようとするし、

苦労してない(ように見える)人に、

「ずるい!」と言いたくなる。

 

 

自分の思い癖は幼少期からの

生育環境の影響が大きいですが、

それだけではありません。

 

 

セッションをしていると、

過去生の影響も大きいことがわかります。

 

 

「もっと大切にしてよ!」と言う人は、

過去生で人を大切にしていなくて、

まわりの人たちから「もっと大切にしてよ!」

と訴えられていたりします。

 

 

その当時の「もっと大切にしてよ!」

というエネルギーが自分の中に残っていて、

そのエネルギーがあなたを通して、

「もっと大切にしてよ!」と言っているのです。

 

 

だから、あなたの中にある

「もっと大切にしてよ!」のエネルギーに、

「大切にしなくてごめんなさい」と謝ったり、

「愛してるよ」と愛を伝えることで、

大切にされたいエネルギーが浄化されていきます。

 

 

「どうせ私は愛されない」と思ったり、

「もっと愛してほしい!」と願うのなら、

過去生で妻や子供に無関心だったことがあり、

その当時の妻や子供の「どうせ私は愛されない」

「もっと愛してほしい!」と思っていた想念が

残っていて、あなたの口癖になっていたりします。

 

 

なので、

「無関心でごめんなさい」と謝ったり、

「愛してるよ」と愛を伝えることで、

当時のエネルギーが浄化され、

口癖もなくなっていきます。

 

 

自分の口から出てくる言葉は、

自分を表現しているものですが、

人に言いたくなる言葉は、

いつかどこかの人生で、

自分に言われていた言葉。

 

そう思って、人に言いたくなる言葉には、

自分が同じ言葉を言われていたんだと考えて、

愛をかけたり謝ったりしてみませんか?

 

 

人に言いたくなる言葉を浄化して、

自分を洗脳から解いていけますように!

 

 

サムネイル

浄化の学校~ソウル・セラピー基礎講座は4/20(土)締切です。
ご応募お待ちしてますね!

 

 

 

 

今日も心と魂に愛と光✨をいっぱい入れて

神様の愛と光がたっぷり注がれますように。

神様、今日もありがとうございました。
 

※電子版はこちらです

 

掲載元:人に言いたくなる言葉と過去生の関係
※各著作権は各ブログ運営者様に帰属します。