運気・波動・チャクラ・霊魂~スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~

スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~

魂を浄化するスピリチュアルヒーリング上田佳穂

「わたしは愛されていない」という思い込み

投稿日:

魂を浄化するスピリチュアルヒーリング上田佳穂 

わたしたちは、本当は誰もが愛されている。

 

そう言われているけれど、

とても愛されているとは思えない。

 

あんな失礼なことされて、

こんな嫌なこと言われて、

とても大切にされているとは思えない。

避けられているんじゃないか。

嫌われているとしか思えない。

 

そういう想いで苦しくなることは、

よくあるのではないでしょうか。

 

今日友人と話していたのですが、

こんなに自分を愛そうと心掛けていても、

ふとした瞬間に、些細なことで、

「私のことなんて、どうでもいいのね」

「わたしを大事にしてくれない」

という想いになることがあるのだから、

自分を愛そうと心掛けていなかったら、

もっとそういう想いに苛まれやすいだろうと。

 

本当は、こうして生きているだけでも、

愛されているという証。

 

それなのに、わたしたちは、

愛されていない証を探しては、

「ほら、大事にされていない!」

「どうせ愛されない」

「やっぱりどうでもいいと思っている!」

と悲しくなったり、怒ったりします。

 

ソウル・セラピー的には、

そう感じるのは、自分の中に、

「愛されていない」

「大事にされていない」

「大切にされていない」

という想念や霊がいるということ。

 

その想念や霊を浄化するために、

そういう場面に遭遇するようになっている。

 

だから、

「愛されてない」と感じて悲しいなら、

「『愛されてない』と感じたんだね」

「愛してるよ」

「悲しい想いをさせてごめんね」

「愛してます」

「大事に思っているよ」

と、自分の中にいる想念や霊に、

愛をかけたり、謝ったりして、浄化していきます。

 

「愛されてない」想念や霊が浄化されると、

そういう場面に遭遇する必要がなくなるし、

そういう場面に遭遇しても、

「愛されてない」と思わなくなります。

 

「愛されてない」という思い込みのサングラスをかけている間は、

何があっても、なくても、

「わたしは愛されてない」と感じてしまいますが、

そのサングラスを外せると、

もう「愛されてない」とは感じなくなるのです。

 

自分の中にいる想念や霊に、

「愛してます」と「ごめんなさい」

を言い続けて、浄化して、

「愛されてない」サングラスを外せますように。

 

image

今日も心と魂に愛と光をいっぱい入れて

神様の愛と光がたっぷり注がれますように。
神様、今日もありがとうございました。
 

トリニティウェブの連載はこちらです。

 

■メールマガジン■ 魂を浄化するスピリチュアル・メッセージ

 

facebookソウル・セラピーのフェースブックページ

沢山の方に神とつながってほしいとランキング に参加しています。
応援クリックありがとうございます。みなさまに感謝です。
人気ブログランキングへ

掲載元:「わたしは愛されていない」という思い込み
※各著作権は各ブログ運営者様に帰属します。

-魂を浄化するスピリチュアルヒーリング上田佳穂
-, ,

Copyright© スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~ , 2020 All Rights Reserved.