運気・波動・チャクラ・霊魂~スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~

スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~

魂を浄化するスピリチュアルヒーリング上田佳穂

過去生が人生に与える影響

投稿日:

魂を浄化するスピリチュアルヒーリング上田佳穂 

今日は急に寒くなりましたね。

秋がなくなりそうな勢いですが、

暖かくして過ごしましょうね。

 

 

最近、セッションをするたびに、

過去生の記憶の与える影響が

こんなにも大きいのかと驚きます。

 

 

 先日のセッションでは、

「挨拶が苦手」

と言われました。

 

 

(ブログ掲載のご了承いただいてます)

 

 

「頭では、挨拶した方がいいと、

 わかってるんですけれど、

 同じグループ以外の人だと、

 距離感がわからなくて、固まってしまうんです」

とのこと。

 

 

「誰か挨拶が苦手な人がいるのかな?」

と思って探っていくと、

他人ではなくて、自分に反応しました。

 

 

今生(今の人生)かな、過去生かな、

と探ってみると、過去生に反応しました。

 

 

出てくるイメージが、

ヨーロッパの社交界。

 

 

そこでふと頭をよぎったのが、

マリー・アントネットとデュ・バリー夫人の逸話でした。

 

 

フランスに嫁いだマリー・アントワネットは、

ルイ15世の愛人のデュ・バリー夫人と対立。

 

 

当時の宮廷マナーでは、

身分の低い側から高い側へ声をかけられず、

夫人を嫌っていたマリー・アントワネットは、

夫や母に諭されてようやく挨拶したという話。

 

 

そのお話をすると、

「ああ、その感覚わかります」

とのこと。

 

 

そして、出てきたのが、

身分が高かったであろう過去生でした。

 

 

相手の立場や身分によって、

挨拶を変えなくてはならないため、

瞬時に判断することが必要なので、

「挨拶」がすごく難しいものでした。

 

 

だから、

普段あまり会わない人との挨拶が、

とても難しく感じたようです。

 

 

その過去生を浄化したところ、後日、

「挨拶しやすくなりました」

とご連絡いただきました。

 

 

頭ではわかっているのに、

難しく感じたり、

恐怖を感じたりして、

自分でコントロールできないことは、

過去生が関係していることが多いです。

 

 

セッションで過去生の記憶を浄化して、

少しでも生きやすくなってもらえれば、

と思ってます。

 

 

ベルサイユ宮殿の鏡の間。

(画像はこちらからお借りしました)

 

こちらは、先日オンラインベルサイユ宮殿ツアーに参加した時のもの。
(当然ながら、プロの写真の方がはるかに美しいw)
 
オンラインでベルサイユ宮殿ツアーなんて、
半年前までは考えもしなかったことです。
 
必要は発明の母。
どんどん新しいものが生まれますね。
 
 

今日も心と魂に愛と光をいっぱい入れて

神様の愛と光がたっぷり注がれますように。
神様、今日もありがとうございました。
 
 

トリニティウェブの連載はこちらです。

 

■メールマガジン■ 魂を浄化するスピリチュアル・メッセージ

 

facebookソウル・セラピーのフェースブックページ

沢山の方に神とつながってほしいとランキング に参加しています。
応援クリックありがとうございます。みなさまに感謝です。
人気ブログランキングへ

掲載元:過去生が人生に与える影響
※各著作権は各ブログ運営者様に帰属します。

-魂を浄化するスピリチュアルヒーリング上田佳穂
-, ,

Copyright© スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~ , 2021 All Rights Reserved.