スピリチャル系ブログ、占い師系のブログ登録者募集中

怒りの感情を乗せないで、自分の怒りを伝えるには

魂を浄化するスピリチュアルヒーリング上田佳穂 

怒りのエネルギーは、

頭や腰が痛くなったり、

皮膚がかゆくなったりして、

体にダメージを与えます。

 

 

だから、怒るのは止めたいのですが、

怒りっぽい人は、

・頭にきたり、

・不快に感じたり、

・思い通りにならなかったときに、

怒りを使って表現します。

 

 

怒りを使わなくても、

頭に来たことも、

不快に感じたことも、

思い通りにならない不満も、

表現できるんですけどね。。。

 

 

今まで、怒りで表現してきたので、

怒って話すことが当たり前。

 

 

「怒りを使わないで話す」というのが、

理解しにくいかもしれません。

 

 

それだけ、今まで、怒りに囲まれてきたということ。

 

 

子供の頃から、家族が怒鳴り合ってたり、

学校で、怒鳴ってる先生がいたり、

職場で、怒鳴る人がいたり。

(職場で怒鳴るのは、今はパワハラですけどね)

 

 

怒鳴ることは当たり前、

みたいな環境で過ごしてると、

自分が怒鳴ることに、

何の違和感もありません。

 

 

なんなら、

「みんなそうしてるでしょ!?」

「失礼なことされたら、怒鳴るのは当たり前」

と思っているくらい。

 

 

怒鳴ることで、

・自分の不満を伝えたり、

・相手の意見を封じ込めたり、

・自分の意見を押し通してきたのなら、

当たり前に思うのも無理はないです。

 

 

でもね。世の中には、

怒鳴り声のない家もあります。

 

本当は、怒りを使わないで話す方が、

相手に言いたいことが伝わります。

 

 

自分の言いたいことを怒鳴っても、

相手を押し切るだけで、

きちんと受け取ってもらえないです。

 

 

怒り自体がなくなるのが目標ですが、

すぐに怒っているのなら、そんなに簡単に

怒りをなくすことはできません。

 

 

なので、まずは怒りを使わないで、

怒ってることを伝えられるようにしませんか。

 

 

そのためには、自分の中にいる

怒ってる人たちを浄化していくことから。

 

 

家族が怒鳴り合ってる家で育ったのなら、

親や兄弟が怒鳴ってるでしょう。

 

 

きっと先祖に怒りやすい人もいるでしょうし、

過去生の自分も怒ってるかもしれません。

 

 

怒ってる人たちに、

愛をかけたり、謝ったりして、

光にかえってもらいましょう。

 

 

怒ってる人が光にかえると、

怒りも減っていくはずです。

 

 

コツコツ浄化して、怒りを使わずに、

話せるようにしてきましょう。

 

 

今日も心と魂に愛と光をいっぱい入れて

神様の愛と光がたっぷり注がれますように。
神様、今日もありがとうございました。
 

 

 

トリニティウェブの連載はこちらです。

 

 

※現在募集中の講座はありません。
次回の講座の案内をご希望の方は、
こちらのメルマガに登録してください。
(ときどきメルマガが届きます)
 
メールマガジン
 

 

 

      

掲載元:怒りの感情を乗せないで、自分の怒りを伝えるには
※各著作権は各ブログ運営者様に帰属します。