スピリチャル系ブログ、占い師系のブログ登録者募集中

生きているうちには二度とない!4000年の奇跡

Lakshmi Aya(法名は秀麗) 

11月の星のセッションの最終日は、私の21日間断食修行の最終日、つまり21日目にになります。

なぜ今回、21日間の断食を発願したかというと、千日護摩行も残すところ、300日を切っており、あと一年以内に満行となるからです。

私は秘法を授けてくれる大阿闍梨が主人なので、正直、甘えがあります。

この甘えについては常々、主人から注意を受けていていますが、今回はその甘えを一掃するためでした。

護摩を焚くことは、本山のお寺で修行すると、まず、お経を唱える修行から始まり、密教修法の修行に入ることを許されると、礼拝行をします。

毎日、五体投地で本尊を礼拝する修行です。

一日に三回、一回に百八回の五体投地をしますが、固い板張りの道場の床で五体投地をしますから、膝の皮膚がすりむけ、血がにじんできます。

白い着物が血で赤く染まることから、

礼拝行は『血染めの行』ともいわれます。

さらに膝の関節も痛くなります。

この礼拝行が終わると、つぎは四度加行のための前行に入って、ひたすら真言を唱えます。

私が日々、焚いている『柱源神法護摩』も、護摩行に入るにはまず、『十万遍の真言』を唱えなければなりません。

私は主人に、

「あやはガーヤトリーマントラを百万遍となえる修行をやっているから、それは勘弁してやろう」

ということで、いきなり護摩行に入りました。

今回の断食行は、みずから、そうした甘えをなくすためです。

断食に入ると、すこぶる身体の調子はよくて、マインドも強まりました。

まったくダイエットは考えていませんけど、5キロ以上体重が減って、すっきりしました。

私が毎週水曜日にやっている、インスタLIVEに参加されている方は、私のアヒル顔がスマートになったのを見ているとおもいます。

断食すると頭も冴えてくるので、一段とチャネリングとリーディングの能力もアップしています。

今回の満月は、月蝕と天王星蝕が重なりますが、これは4000年ぶりです。

4000年に一度の満月からスタートする今月の星のセッションは、

そのエネルギーをアルケミーする私のパワーとコラボして、かつてないほどのパワー増幅しています。
 

星のセッションの解説音声を聴く

 

 

東京都港区南青山5丁目17番2号 
Soul Alchemy Association

 

掲載元:生きているうちには二度とない!4000年の奇跡
※各著作権は各ブログ運営者様に帰属します。