運気・波動・チャクラ・霊魂~スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~

スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~

スピリチャルコーチはづき虹映

『聖地巡礼・淡路島「淳仁天皇陵」(後編)』

投稿日:

スピリチャルコーチはづき虹映 

お元気様です。はづきです。 いつもありがとうございます。 ◎9月以降のライブ、好評受付中で~す! ★第2弾開催決定!  はづき虹映の『スピリチュアルお話し会 vol.2』 【東京】 9/22(日)10時~ 東京・田町 → https://hazuki.club/live/313/ 【大阪】 10/13(日)10時~ 大阪・梅田 → https://hazuki.club/live/342/ 【名古屋】 10/14(月・祝)13時半~ 名古屋駅すぐ → https://hazuki.club/live/346/ ★【緊急初企画!】 9/22(日)13時半~ 東京・田町  全国の【33番さん】集まれ~!出番ですよ~♪ 「運命数33」のあなたに、はづき虹映がスイッチを入れる『アセンション(次元上昇)覚醒セミナー for33』 → https://hazuki.club/live/341/ ★大好評!「遠隔ヒーリング・エネルギー宅配便」第二弾は、9/23(月・祝)夜10時~に決定! 奇蹟体験、不思議体験、感動の声!続々…♪ 全国、全世界、どこに居ても「あなた」の元に、はづき虹映からのエネルギーが届きます。 ◎詳細・お申し込みは、コチラから~♪→ https://hazuki.club/live/314/   +++++     +++++     +++++  (昨日の『聖地巡礼・淡路島「淳仁天皇陵」(前編)』の続きです。 「淳仁天皇陵」の、この大発見?に、自分でもかなり興奮しているのですが、 それでも、動画を見ると「運命数7」のはづき虹映は、務めて冷静にレポートしているのが、自分でも面白い(笑)。 でも内心は、めっちゃ興奮しているのです。 この大発見に満足して、その場所を離れようとしていたところ、御陵の中に、人影を発見。 気の良さそうなおじさんが居たので、声をかけてみると、気さくにいろいろ教えてくださいました。 名刺までくださって、宮内庁の「陵墓守部」に所属しているとのこと。 これも神のお導きというヤツでしょうか~。 今回の動画は、墓守のおじさんとのやりとりも、ちょこっと収録させていただきました。   +++++     +++++     +++++  ではここで、改めて淳仁天皇について、少しまとめておきましょう。 淳仁天皇は奈良時代、758年に即位します。 前代は女帝の孝謙天皇。 淳仁天皇は初めて島流しにあったとされる悲劇の天皇です。 この女帝の孝謙天皇との権力闘争に敗れて、淳仁天皇は島流しにあったと言われているのですが、ここで女性天皇が出て来るのが、実に興味深い…。 つまり、淳仁天皇は女性天皇である孝謙天皇に、かなり深い恨みを抱いていたようなのです。 ここに、今という時代背景を重ね合わせてみると、はづき虹映が果たすべき役割もなんとなく、見えて来るような気がします。   +++++     +++++     +++++  765年10月、淳仁天皇は幽閉先の淡路島から脱走を試みるも失敗。 公式では脱走を試みた翌日に病死したとありますが、脱走失敗の翌日に病死とは、なんとも不自然なことなどから、 実際には復権の動きを恐れた孝謙上皇によって殺されたという説が主流だそうです。 その後、淳仁天皇は怨霊となり、孝謙上皇やそこからつながる天皇家を呪ったため、 それを恐れた天皇家が淳仁天皇の怨霊を鎮めるためにお祀りしたのが、京都・堀川にある白峰神宮だということ。   +++++     +++++     +++++  さらに実は、淳仁天皇が流されたのは淡路島ではなく、琵琶湖の奥、あの竹生島にほど近い、奥琵琶湖湖北の隠れ里・菅浦地区だという説もあるそう…。 当時の菅浦地区は完全な陸の孤島と呼ぶべき場所で船でしかたどり着けなかったらしいとか…。 その土地には今も、須賀神社という社があり、そこに淳仁天皇が合祀されているのです。 琵琶湖は元々、「淡海(おうみ・あわみ)」と呼ばれており、「淡路(あわじ)」と「淡海(おうみ・あわみ)」は、やはり「二つでひとつ」の、対を成す存在だったと言われていることから、 淳仁天皇が幽閉されたのは、実は「淡路(あわじ)」ではなく、「淡海(おうみ・あわみ)」だったのではないかと言われているのです。   +++++     +++++     +++++  淳仁天皇のお陰で、淡路島と琵琶湖がまた、ひとつにつながりました。 さらに先日、竹生島を訪れる際に、この奥琵琶湖湖北の隠れ里・菅浦地区を、私・はづき虹映…、車で通っているのです。 そのときはまだ、こうした史実を知らなかったので、須賀神社にはお参りできなかったのですが、 まさに私の中でも「点と点」が、「線」につながったような気がしています。 そして、実は天皇家、天皇陵、島流しの話にはまだまだ、驚くべき続きがあるのですが、長くなって来たので、この辺で…(笑)。   +++++     +++++     +++++  いづれにしても、日本の天皇家にかかわりの深い場所をどうやら今、訪れているらしい…。 このタイミン続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

掲載元:『聖地巡礼・淡路島「淳仁天皇陵」(後編)』
※各著作権は各ブログ運営者様に帰属します。

-スピリチャルコーチはづき虹映
-, , , , ,

Copyright© スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~ , 2019 All Rights Reserved.